生活費が足りないのは家賃が原因かも

生活費が足りないときはどうする?

生活費が足りないのは家賃が原因ということはありませんか。
収入に見合った物件を選ぶことは、生活設計をするうえで基盤になるといっても過言ではありません。

 

生活費の中でも大きなウェイトを占めているのが、住居にかかる費用です。
仮にアパートなどの賃貸に住んでいる場合ならば、ずばり家賃と考えていただいてOKです。
交通の便もよく設備も充実した物件は人気が高く家賃も高めになるのが一般的です。

 

実は、居住費は収入の3割まで、というのが目安とされています。
つまり、毎月18万の収入ならば、家賃の目安は5万4千円位までということです。
これは、アパートなどの家賃だけでなく、持ち家の方の月々の住宅ローンの返済額などにも当てはまります。

生活費が足りないのは家賃のせい?

 

毎月、節制しているにもかかわらず、生活費が足りず毎月のようにキャッシングで凌いでいるといった場合は、家賃の占める割合が大きすぎないか今一度チェックしてみましょう。
毎月の支出に直結する家賃ですから、支払いが滞りそうになるようであれば、別の安い物件への住み替えで解消することで生活費にゆとりが持てるようになる場合もあります。

 

キャッシングはいざいというときに計画的に利用する分には、とても便利なサービスです。
しかし、月々の生活費を補てんするために無計画にキャッシングを利用するのは控えましょう

足りない生活費をキャッシングで補うのは注意

生活費が足りないのでキャッシング

毎月のお給料の範囲で暮らしていれば、生活費が足りなくなることはないはずです。
しかし、給料日までまだ日数があるのに、財布の中の持ち合わせが少くなく心もとない日々を過ごした、といった話はわりとよく聞きます。
では、世間の人々はこのような時どのようにやりすごしているのでしょうか?
大きく分けて3つのパターンが考えられます。

 

1つめは、ひたすら節制して次の給料日まで耐え忍ぶ方法です。
しっかりとひと月の生活費の上限を決めておいて、その金額の範囲で生活することを徹底して守るタイプ、といえば聞こえはよいのですが、中には、節約を通り越して、まる1日食事抜きで過ごすなんて強者も。

 

2つめは、貯金を取り崩して生活費に充てる方法です。
冠婚葬祭など急な出費に対応したことで、一時的にお財布の中がさみしい状態になってしまう場合、このような方法で乗り切る方はとても多いと思われます。
でも、これができるのは毎月の生活費以外に貯金をするだけのゆとりがあり備えもできているタイプです。
本来ならは、これが一番いい方法です。
しかし、これが毎月のように貯金を切り崩しているなら要注意です。

生活費が足りないから融資する

 

3つめは、その場しのぎでキャッシングを利用してしまうパターンです。
小額で短期間の借入方法であるキャッシングは、初めての方でもわりと簡単に利用できるので、いざというときは非常に助かります。

 

しかし、便利だからといって頻繁に利用するのは考えものです。
安易な借り入れを繰り返すうちに、返済が困難なほどの借金に膨れ上がることはめずらしくありません。
今一度生活費を見直すことも大切です。
キャッシングを利用する場合は、計画的に必要最低限だけにとどめましょう。